made in NIPPON

駿河竹千筋細工[静岡県]

風趣に富む、軽やかな光の籠

丹精込めて匠が組んだ、風趣に富む軽やかな光の籠。駿河で生まれた確かな技は、千の筋から生まれる繊細な光と洗練の形を作り出します。

駿河竹千筋細工

竹細工の技を持っていた岡崎藩士より伝わり、
家康公が居城とした駿府で発達した。以後、武士の内職として作られた
菓子器や虫籠は東海道を上り下りする旅人に好まれたといわれる。
手作りの丸ひごを使い、独自の進化を遂げた細工はどれも優美な曲線を持つ。

駿河竹千筋細工

製造風景

LINE UP

閉じる