環境負荷低減の活動

オーデリックは、環境に配慮した商品開発を進めるだけではなく、社会的責任を果たすための活動として、エコプロダクトに取り組んでおります。
とくに省エネや廃棄物削減は重点課題とし、積極的な活動を推進しており、成果を抽出した実例を次に紹介いたします。

エコ機能付き商品の社内活用

自社ビルのLED照明への切替えはもちろん、人感センサやタイマーを使ったエコ照明の設置を進めております。
また、東京ショールームにはLED照明、シャンデリアを中心に約2,500点の照明が展示されており、日中は大多数の照明器具を点灯しますが、省エネの観点から人感センサを設置し、お客様が不在時には消灯する仕組みによって、約10%の節電が達成されました。

設置することで...年間電気量約10%DOWN

Hf蛍光灯器具への切替

交換することで...年間電気量約26%DOWN

当社では、電気使用量の低減を目的とし、自社製のHf蛍光灯器具への交換を実施しております。

最近では、工場事務所の照明器具をFL安定器蛍光灯器具からFHFインバータ蛍光灯器具に交換し、同一照度で換算すると、照明器具のみの電気量を約26%低減させております。

生産設備の電力改善

改良することで...年間電気量約70%DOWN

工場の加工工程では、多種の生産設備を導入しておりますが、電気使用量を低減するため、生産設備の電力低減を大きなテーマとして、掲げております。

最近では、コンプレッサーの配管改良(集約化)を施し、従来、コンプレッサーに費やしていた電気量を約70%低減することを実現化いたしました。

その他省エネ活動の実施

持続可能な地球環境の保全活動として、グループを挙げてのクールビズ/ウォームビズや、ライトダウンキャンペーンへ参加しました。

今後も、真の意味での地球温暖化防止のため、温室効果ガス削減に貢献できる施策に積極的に取り組んでまいります。

廃棄物削減活動の実例

廃棄物のリサイクル化および有価物化の推進

廃棄物の有効活用を目的として、工場から排出される廃棄物のリサイクル化および有価物化の活動に取り組んでおります。
現在に至るまで、55種類中52種類のリサイクル化および有価物化を実現しており、ゼロエミッション達成が目前の状況です。

廃棄物の削減

当社では、廃棄物の排出量低減を重点課題として、次の活動に取り組んでおります。

  1. 工程内不良の低減
  2. 中止購買部品の購入量抑制
  3. 未使用部品の再利用

また、販売した製品に関しても、市場での環境負荷が軽減できるよう、次の施策も推進しております。

  1. 梱包仕様の才数削減
  2. 部品の材質表示 など

廃棄物の削減については、社内と市場での両立を図り、社会的に貢献できる企業として、その役割を果たすことに努めていきます。