仲間たちのコトバ

時間がかかっても何度もチェックしミスを減らす

自分のファンになってくだだる方を増やさなければならない

営業 石田 啓太

東京営業所 営業
石田 啓太
2014年入社

自分のファンになってくださる方を増やす

私は人とコミュニケーションを取るのが好きで、その力を生かした仕事がしたいと思いオーデリックの営業の仕事に就きました。これからも仕事を通して、さらにその力を伸ばしたいと思っています。
いうまでもありませんが、営業担当者としての私の任務は、自分に課せられた営業目標を達成することであり、会社が販売する製品を、少しでも多く売り上げることに尽きます。その点で、しっかりと貢献したいと考えています。

そのためには、お客様とのコミュニケーションを大切にしながら、自分のファンを増やすことが重要です。私がお客様へご紹介する照明器具に類似した製品を扱っている会社は、当社以外にも数多くあります。その中でオーデリックの製品を選んでいただくためには、デザイン性や性能の高さはもちろん、やはり私のファンになってくだだる方を増やさなければならないと思います。

それにしても、営業職に就いて意外だと感じたのは、お客様と友達のような関係をつくっている営業社員が思ったより多いことでした。先日、お客様から「真面目過ぎる仕事ぶりを目の当たりにすると、軽い気持ちで相談できない」と言われ「はっ!」と気づかされました。
それからは「お客様だから」と、過剰に意識することなく、なんでも気軽にご相談いただけるような関係づくりやコミュニケーションの取り方を工夫しています。

チェックを重ね、ミスを減らす

仕事で私が心がけているのは、時間がかかっても何度もチェックし、ミスを減らすということです。 メーカーという立場上、自分が担当して販売した照明器具に何か問題があれば、真っ先に問い合わせを受けます。自分のミスでお客様にご迷惑を掛けることがあってはなりません。多分大丈夫だろうと高をくくるのではなく、どこかに間違いがある、と思って何重にもチェックすることを心がけています。

よき伝統を未来にバトンタッチしていきたい

オーデリックに入社して感じたのは、社員の人の良さです。日々の営業活動の中で、得意先から、照明のことで分からないことがあればまずオーデリックに問い合わせると言っていただけます。うれしいですね。
お客様の細かな質問にも親身になって回答し続けてきたオーデリックの先輩たちの誠実な仕事の結果であり、また、社風ともいえる社員の人柄の良さの現れだと思います。このよき伝統を受け継ぎ、後輩にも伝えていくことが、オーデリックの未来につながると思っています。

PAGE TOP