仲間たちのコトバ

「あかり」を取り扱う仕事をしていくということは

人々の暮らしの幸せを目指すこと

営業 金子寛知

さいたま営業所 営業
金子 寛知
2013年入社

「お客様の満足」を念頭に置いて行動する。

人々のくらしを支えるものが「照明器具」であり「あかり」です。それらを取り扱って仕事をしていくということは、「人々の暮らしを豊かにし、幸せになってもらうこと」を目指すことだと思います。
生み出されるのはユーザー様の満足だけではありません。私たちと、ユーザー様との間で仕事をして下さっている代理店さんや様々な業者さんなどのお客様にも、同じように満足を生み出し得るものだと思います。

もちろん、すべてがうまく回っていくわけではありません。メーカーの営業担当者として日々様々な対応を迫られる中には、いろいろなことが起こります。しかし、どんな場面であったとしても「お客様の満足」を念頭に置いて行動することで、市場に「オーデリックファン」を増やしていく。お客様の満足が第一にあって、それが回りまわって自分たちの幸せに繋がってくるからこそ、また前向きにお客様の満足を考えることができる。そんなサイクルをつくり、広げていくことがこの仕事の意義なのではないかと思っています。

ちょっとやそっとでは揺るがない信頼関係

そう感じるようになったのは、お客様のご要望にがむしゃらにお応えすることで良い関係を築くことができたという経験があるからです。
ある電気工事店の社長から当社の器具不良への対応を依頼されたときのことです。すぐに交換しました。しかし、また同様の動作不良が発生。後に製品自体の構造不良だったということが分かったのですが、その時点では何度も同じ動作不良が出ているということで、厳しいお叱りを受けました。
お客様ときちんとお話をするのも難しい状況になってしまいましたが、この事態を何とかしなければという一心で何度もお客様のところに足を運び、代替器具を取り付けることをご提案し、器具を気に入っていただけるまでご提案を繰り返しました。
さらにその器具が点灯している様子を確認するために夜間に現場を訪ね、その上でユーザー様が代替器具で満足されているのかどうかを直接確認しに行く、という一連の対応を行いました。お客様は、この時の私の対応を認めて下さり、今ではオーデリックの器具をよくご指定いただくファンになってくださっています。

自分を成長させてくれる仕事

オーデリックという企業に出会って、真剣に「仕事」というものを考えるようになり、上司や先輩だけでなくお客様にも支えられ鍛えていただきながら、今では日々「今自分にできること」にがむしゃらに取り組むようになっています。 そんな自分を少し前までは全く想像できなかったのですが、そういう意味ではオーデリックでの仕事は自分を成長させてくれるものなのだと思います。
この毎日を積み重ねて、5年後10年後に自分がどのような人間になっているかと想像するのはとても楽しみです。

PAGE TOP