照明器具の種類

照明器具は、使用する場所や用途によって分類することができます。

私たちの生活の中では多種多様な照明器具が使われていますが、それらは使用する場所や用途によって分類することができます。照明プランニングの際にはこの分類とそれぞれの特長を知っておくと、最適な器具を選びやすくなります。ここでは一般住宅に使用されている、主な照明器具の種類をご紹介します。

1. シャンデリア

装飾性が高く華やかな照明です。リビングや吹き抜け空間を彩ります。

2. シーリングファン

ファンを回すことで部屋全体の温度をムラなく保ち冷暖房効果をアップします。

3. シーリングライト

天井に直接取り付け、メイン照明として部屋全体を明るく均一に照らします。

4. ペンダントライト

ダイニングルームやキッチンの食卓の演出に適した、吊り下げ型の照明です。

5. ブラケットライト

壁面や柱に取り付ける補助照明です。アクセント的な使い方で雰囲気のある光の効果を生み出します。

6. スタンド

部屋のコーナーやテーブルサイド、ベッドサイドに置いてあかりを演出します。

7. フットライト

廊下や階段の足元を照らすあかりです。

8. スポットライト

指向性の強い光を持ち、置物や空間の一部を強調したいときに適しています。

9. ダウンライト

空間の基本照明から演出まで、配置次第でさまざまな照明計画を可能にします。

10. エクステリアライト

防雨性能、耐久性にすぐれた、住宅の外周りに設置する照明器具です。エクステリアにムードをかもしだすほか、防犯上も大きな役目を果たします。

11. ライティングダクトレール

プラグタイプの器具を使って自在な配灯レイアウトが可能です。

12. 建築化照明

光源を天井や壁などに組み込み、建築空間と一体化させた照明です。