ライティングダクトレール施工上の注意について

施工上の注意

■ 設置場所の制限について【内線規程3150節での規定事項】

  • ライティングダクトレールは、乾燥した屋内の露出場所および点検できる隠ぺい場所に施設することができます。
  • ライティングダクトレールは、造営材(壁、床、天井など)を貫通して施設しないでください。
  • ダクトの開口部は下に向けて施設してください。上向き取付はできません。横向き取付には制限がありますので、厳守の上、ご使用ください。
  • ライティングダクトレールの終端部はエンドキャップを取り付けて閉そくしてください。
  • 4mを超す(通電部分)長さでライティングダクトレールを施設する場合は、D種設置工事をしてください。
  • ワイヤー吊りなどの不安定な施設には使用しないでください。

■ 壁面・傾斜面に設置する場合の注意事項について

  • 壁面、傾斜面に施設する場合、必ず別売のライティングダクトレールカバーをご使用ください。
  • 壁面に取り付けたライティングダクトレールには、ライティングダクトレール壁面取付可能型スポットライトを使用してください。
  • 人が容易に触れるおそれがある場所に施設するときは、電源側に漏電遮断器(定格感度電流30mA以下、動作時間0.1秒以内のものに限る)を施設してください。

 

■ その他注意事項について

  • ライティングダクトレールには、塩化ビニル絶縁物を使用しておりますので、周辺温度が50℃を超える場所には使用できません。とくに暖房器具の近くは避けてください。
  • エアコンなどの吹出口の近くにパイプ吊りのレールを設置しないでください(横揺れして落下の原因になります)。
  • ライティングダクトレールを連結して使用する場合は、パーツを別途ご購入ください。
  • ライティングダクトレールには取付用木ネジが付属しております。

■ 回路の構成例とレールの極性について

(基本構成例)

T型ジョインタ(左、右)やL型ジョインタ、逆L型ジョインタは、内部の配線が異なります。極性の連続性が保てるように回路を構成してください。

■ レール施工時の器具重量について

●直付/埋込

付属ネジを50cm間隔で取り付けた場合、レール1m当り器具の総重量18kgまでご使用になれます。

●施工パイプ吊

パイプ吊具の取付間隔は標準を1m、器具の総重量18kgまで、最長1.5mの場合は総重量10kgまでご使用になれます。