• TOP > 
  • キャリアプラン(研修制度)

キャリアプラン(研修制度)

教育制度について

新入社員の入社時研修から始まり、各社員階層ごとに必要な知識を習得する通信教育や職種ごとに求められるスキルの習得を目的とした社内外の研修会等、充実した研修プログラムを用意しています。特に入社時研修では、各部門の役割や機能を理解いただくとともに、照明器具の基本的構造等の研修を行ないます。
また、山形工場での製品組立や出荷作業の体験、アクリルセード等が出来上がるまでの成形工程や塗装現場も見学し学んでいただきます。
このような研修を通じて、当社の社員としての早期戦力化を目指します。さらに、中堅社員以上の研修では、各職場の課題解決をテーマに各種技法を利用したグループ討議を行い、今後、各人が解決すべきテーマを抽出し実行に移していきます。

新入社員研修風景の一コマ

人事制度について

【役割等級制度】 人事制度は、1等級から9等級までの役割等級制度をベースとして、各人に期待し要請する役割に対して役割等級が設定(格付け)されます。昇格要件の一つとして役割等級ごとに必要な専門知識の習得(通信教育プログラム)、人事考課で一定以上の評価を得ることが求められます。ただし、人事考課は成果(結果)のみでなく、それを生み出すプロセスや日常の取り組み姿勢も評価しています。
【目標管理制度】 経営計画の達成と中長期的な人材育成の観点から、「目標管理制度」を設けています。部門・部署の目標達成に向けて各人の年間目標を具体的に策定し、毎月の進捗管理・補強・目標達成へとビジネスサイクル(P・D・C・A)を重ねて、着実に実行していきます。

職種別研修

営業・生産・技術など、従事する職種に応じた知識・技術の向上を目指し、社内研修を実施しています。

  • パソコン基礎講座、パソコン応用講座、パワーポイント講座
  • 照明基本研修、照明応用研修
  • 店舗照明設計セミナー
  • マーケティング研修
  • 品質管理研修
  • 新製品開発研修  など

社外研修

社外で行われる研修を受講することにより、専門知識の習得や異業種の人々との交流を通じて様々な考え方、価値観を養います。また、毎年実施する自己申告において、受講希望の研修内容を申告することにより、担当業務に関連した研修を受講いただきます。

通信教育

照明学会による照明基礎・応用講座の修得や昇格制度のための通信講座の開設など多岐にわたるコースを用意しています。特に昇格要件として指定した通信教育の科目については、会社が費用を補助することにより受講の促進を図っています。

自己申告制度

各人の1年間の業務活動の振り返り、今後1年間の課題や目標、現在の健康状態、受講したい教育、職場異動の希望の有無、会社への提案・要望事項等を直接会社に申し出る制度です。

PAGE TOP