made in NIPPON

山中漆器[石川県]

伝統の技が彩る現代の燈明

古今東西を通じて歴史を彩り、見守って来た永遠の輝き。前田が興し、秀吉が愛した金沢箔は、その匠の技を今日に至るまで連綿と受け継いでいます。その高貴さは、現在の光を受けてより一層の光輝を放ちます。

幾度も塗り重ねた漆の深い艶が印象的な真塗り

水目桜の木目を際立たせた美しい拭き漆

山中漆器

安土桃山時代天正年間にその源を発し、江戸時代中期より茶道具など塗り物の産物として山中温泉地区に発展。
「木地の山中」と称される山中独自の轆轤挽物木地の技術は、縦木取りをはじめとした薄挽きや加飾挽きなど
他産地の追随を許さず、群を抜く生産量と質を誇る。石川県指定無形文化財認定。

YAMANAKA

製造風景

LINE UP

閉じる