made in NIPPON

波佐見焼[長崎県]

素焼きの風合いを活かしたプレーンなあかり

釉薬を施さずに、土の自然な陰影を引き立たせたシンプルな存在。優しいシルエットが空間にしっとり溶け込みます。

白土

紅土

波佐見焼

長崎県波佐見町で生産される陶磁器の総称。透けるような白磁の美しさと呉須で絵付けされた染付けの繊細で深い味わいを特徴とします。
桃山時代より400年以上の歴史を持ち、江戸時代には大村藩の特産品として全国一の磁器生産量を誇りました。
発送地の名前をとって伊万里焼や有田焼として扱われることも多く、日用食器におけるシェアは現在も国内有数です。
伝統的な工芸品からモダンデザインのギフト用品まで幅広く生産が続けられています。

Hasami

製造風景

LINE UP

閉じる